2018年10月24日 23:55  カテゴリ:駐車場作成工事

しっかり安定どっしり頑丈な岡ちゃんの工事日記

皆さんこんにちは。しっかり安定どっしり頑丈な駐車場を作っています。岡建の岡ちゃんです。 今日は久しぶりに工事のブログを書こうと思います。 先日、学生時代の先輩から連絡があり、「知り合いの人の駐車場が道路との段差がありすぎてとても使い勝手が悪くて困っているのでお前何とか出来ないか?」と言われ早速見させていただきました。


ありゃ 何でこんなに道路との段差があるのだろう???  「これでは出入りの時、確実にパンパ―が道路に当るよね~」 と私が言うと
「ホント困ってます。近くのホームセンターでプラスチック製の乗入ブロック買って使ってるけどイマイチ使い勝手良くないし、先日の台風で

道路中央まで飛んで行ってしまい逆に通行の迷惑になってしまいました。」とお客様。 お客様と相談した結果もっと段差の少ない入口に
する事になりました。 入口部分の6m×1.2m程度のコンクリートをいったん剥してしまい、段差を少なくしてコンクリートを打ち直す事に
しました。


コンクリートを専用のコンプレッサーと言う工具で剥し取ると、下からは昔そこに合った石畳が出て来ました(笑い) なるほど
段差の原因はこれだなと思いました。 1枚が手では持ち上がらない大きさの石畳だったので除去せずに石畳が隠れる高さを基準にして

前の工事ではコンクリートを打ったんですね! 前の工事が何年前かは不明ですが今では重機と言う良い物があるので、石畳を除去して
下地を作り、段差を小さくしてコンクリートを打ち直しました。


前と比べて使い勝手が良くなったので、お客さんは喜んでくれました。  これで先輩の顔を立てる事も出来たので良かったです(笑)





  


Posted by 岡ちゃん │コメント(0)

2018年06月03日 19:26  カテゴリ:駐車場作成工事

しっかり安定、どっしり頑丈な岡ちゃんの工事日記

みなさんこんにちは、しっかり安定、どっしり頑丈な工事をやっています。岡建の岡ちゃんです。 6月に入り、いよいよ梅雨のシーズンも目前となりました。 雨が降ると土を掘ったり、コンクリートを均したりする事が出来ないので、困るのですが、そんな中、先週末の雨の合間を縫って駐車場の土間コンクリート打ちをやりました。 

幸いにも屋根がある所なので入口と出口の所だけシートを張って雨対策をやってから工事にかかりました。 一口に土間打ちと言ってもいろいろなやり方があって、今回は一番シンプルだけど逆に一番難しい、金コテ仕上げの工法でした。

コンクリートを打つと、初めはドロドロの状態ですが、次第に表面が乾き始め、コンクリートが硬化して来るのですが、コテ仕上げと言うのは
ある程度コンクリートが固まった状態で、力を込めてコテでコンクリートの表面をこすりあげます。こうする事で表面がきれいなコンクリートに仕上がります。あまりドロドロの状態でやるときれいな仕上がりになりません。 この辺りの見極めが結構難しく、季節によっても乾き方が違うので

ある意味職人技と言っても良いのかも知れません。今回の土間打ちは、午後から雨が降ってしまい、乾きも悪く大変でしたが、雨漏りする事も無く無事に仕上げる事が出来ました。

  


Posted by 岡ちゃん │コメント(0)